【無料体験で確認しよう】この教室には通いたくなる訳がある!

塾長の思い

こんにちは。塾長の松井信也です。

数ある学習塾のホームページの中から、私たちウィズ・トゥギャザーのホームページに来ていただいてありがとうございます。

「自立学習」+「イメージトレーニング」の塾をどうして立ち上げたのか、

この塾で目指すものについて、お話しさせてください。

社員教育を通じて確信したこと

社会に出て長年働き、茨城の住宅会社の社長になって8年。

社員の教育に携わりました。

その中でずっと感じていたのは、伸びる社員と伸びない社員には明確な違いがあるということでした。

例えばお客様のお宅に訪問する時も、だめな社員は「やっぱりだめでした。」と言う報告をします。

最初からダメだと言うイメージを抱いているんです。仕事だから行く。

でも、できる社員はお客様の家を自分がお手伝いして建てるイメージをしっかり持ち、お客様にもそのイメージが伝わることで契約してもらうことができるんです。

 でもどちらの社員も成績をあげたいと言う気持ちは同じ。

この社員たちをどうやって伸ばしていけばいいんだろう…ずっとそれを考えていました。

そんなとき出会ったのがイメージトレーニング。

それまでなんとなく感じていた「イメージをするということが現実を変えていく。」それを確信したんです。

これからの子供達に本当に必要なこと

子供達は、守られた学校という温室から、会社という世界に出てきます。

記憶力とある一定のパターンで乗り越えられる勉強とは違い、仕事の中で求められるのは「考え・判断し・行動する・役に立つ」こと。

そこに仕事をする人としての責任も伴っていきます。

決して、生易しい世界ではありません。

たくさんの社員を育てて感じたことは、子供から大人になるまで・社会に出るまでに「自立する心」や自分自身に自信が持てる「自己肯定」を身につけることが、とても重要だということでした。

会社の定年が近ずき、これから第2の人生で何をやりたいのか…それを考えた時長年、会社に入った社会人の教育をしてきましたが、「これからの時代を担う子供達の教育」に携わることだと、思いました。

ただ勉強するだけでなく、社会に出てからも自立し、自分の力で幸せな人生を切り開いていけるようにする教育。

あなたの大切なお子さんの「学校の勉強」➕「心の成長」を、お手伝いさせてください。

ウィズトゥギャザー塾長 松井信也

親子サポーター 松井眞里子

2人の子供の親として

あなたのお子さんは今おいくつですか?

私にも、2人の男の子がいます。

子供ができたから親になるわけではなく、親としてどうしたらいいのか、子供と一緒に私も親として成長しながら、その中にはたくさんの悩みや葛藤がありました。

子供たちも成長し大人になりましたが、親としてできることがもっとあったんじゃないか?と、振り返り考えることがあります。 

学童保育指導員の経験から

学童保育指導員の経験から、その子たちを育てながら須磨区社会福祉協議会の学童保育指導員をパート職で8年間させていただきました。

学童保育では、年間で決められた行事だけでなく、子供達が楽しみ達成感を感じられるようにと、コマやけん玉の練習を取り入れていました。

最初は全然うまくいかなかった子供達が、一生懸命練習をして「先生!見て見て!」とできるようになったのを見せてくれた時の笑顔。

勉強だけでなく、楽しみながら一生懸命になり、達成することで成長していく子供達の姿を今でも思い出します。

だからこそ、塾の勉強も楽しみながら、ゲーム感覚で自分で達成できる自立学習・脳トレのカリキュラムを選びました。そんな学童保育の経験が、今回ウィズ・トゥギャザーを立ち上げるきっかけです。

社会に出る時に必要な「自立心」と「自己肯定」

 私の主人は茨城県のPana Homeセキショウで、8年間社長職をさせていただきました。

多くの新入社員を面接し、入社後その人たちを育てる中で、勉強ができることと、社会に出て人間関係を築きながら仕事ができることは、また別次元のこと。

『いい大学を卒業=いい人材』ではなく、自分自身で考え行動できる人が会社で必要とされる人なんだと、いろんな話を聴きました。

自分自身で考え行動できることの大切さを感じ、そのためには自分の力を信じて前に進む「自己肯定」の気持ちも欠かせない力なんだと強く思うようになりました。

イメージトレーニングとの出会い

ただ私自身も、子供達にどうやってそのことを伝え、その力をつけてやれるものかと、悩みながら子育てを終えてしまいました。

そんな時に出会ったのが、イメージトレーニングです。

「自分を信じて、自分を好きになる」

「強く思い、目標に向かって努力すれば叶う」

この出会いから私自身が大きく変化し、イメージトレーニングに出会う前には考えもしなかった「塾を始めること」を決めました。

もし、今の経験を持って子育てをするなら、子供に教えておきたかったこと。

それを形にするためです。

これがウィズ・トゥギャザーのカリキュラムを自分で目標を立て、自分の力で勉強を進めていく「自立学習」に集中力を高め、自分の中の力を信じる「イメージトレーニング」を取り入れた理由です。

そして子供さんだけでなく、子育てに悩むお母さん、お父さんの力にもなりたいと、一緒にイメージトレーニングをするカリキュラムを作りました。

親子一緒に『With Together』、そんな思いの塾なんです。

子供達が、今勉強できていい成績を取れるだけでなく、これから大人になっても、目標と自信を持って社会で生きていく力をつけて、ずっと幸せな人生を生きていくお手伝いをさせていただければと思っています。